護身 運動

【戦わずして勝つ】

システマは「戦わない」ことを徹底して学びます。「戦わない」といっても、「逃げる」のとは全く違います。

人とぶつかる(戦う)の状況の中では、より強く、より早くを求める必要があります。それは年齢や体調でも変化します。

システマでは、まずその状況を見直すことで、ファイトではない別の捉え方からはじめます。そうすることで、戦う、逃げる、以外の別の選択肢であるリラックスから、状況やシチュエーションのコントロールを学んでいきます。

状況やシチュエーションのコントロールから、自分の自由を取り戻し、相手の自由を奪い去ります。

主観的な目線ではなく、自分や相手、シチュエーション自体を、客観視できることで、護身だけでなく日常でも、本当の意味で問題解決に取り組む力を身につけます。

また、それを知識や思考、頭での理解としてではなく、また技術、テクニックとしてでもない。体が直接的に、体験と感覚で学んでいく取り組みは、無意識、人の正しい反射、反応、良い癖づくりへのアプローチでもあります。


【パフォーマンスを最大限へ】

トレーニングでは、身体の使い方、動きの質にこだわり続けます。

効率のいい身体の使い方、最大限のパワーを使えるために、何が邪魔をして、何が不必要かを徹底的に突き詰めていきます。

人間に本来備わっている、自然で正しい身体の使い方、動きを模索し、リラックスからパワーを得ることを学びます。

これらの取り組みは、

他武道、他スポーツ、そして日常まで、あらゆる分野に直結します。


お問合せ お待ちしてます。