ダニール大阪セミナー2020

ダニールパワーアップ⁉︎

とても自由でリラックスの中に、生物的な危険を何度も感じた、、、

どこから何が飛んでくるか分からない危険な状況に、気づけばいる感覚。

戦う準備も変化もない。危険と思考が認識しない。気づいた時にやばい状態。

#まるでマンガ

この感覚は、体験でしか味わえない。

今週火曜日は広島でダニール特別クラスを開催

是非、この機会に純度の高いシステマを体験ください!

#体験でしか学べない

リガ国際セミナー2日目

動き続ける!

ミカエルは動き続けていて

掴みにいっても、つかめない。

ついつい自分より大きな人に

掴まれたりすると

相手をなんとかしようとしてしまうが、

そんな中でも自分のために

自分のリラックスや動きに

フォーカスし続けることは重要だな

それができるから

捉えるもの違うから

噛み合うことがなくなる、、、

とはいえ、

あれこれ考えて理解する必要ないなと

改めて思いました。

私は、ロシア語も英語も分からない

英語通訳を聞いて、理解するつもりも

それほどなかったこともあり

やってることをとにかくフィーリングで

学ぼとやってました。

分からなければ、ミカエルにしてもらおうと。

終わってみると、

言葉を分かる方がいいかもしれませんが

正直、言葉は分からなくても学べるのが

やっぱりシステマかなと思いました。

むしろ、

いろんな意味で、学ぶこと多し!!笑

実際に得た感覚を頼りに

普段のトレーニングで模索していきたい。

ちなみに、

今回ミカエルとダニールはもちろん

ザイコのパワーが半端なかった、、、

もはや何をされているか

多く絡ませてもらったが

一言で、ザイコのパワーが異常(o_o)

自分自身にとって

色んな意味でいい経験となった

リガ国際セミナーでした!

明日はスペシャルクラスに参加します!

リガ国際セミナー1日目

ミカエルはとても軽かった。

1日目は全体的にストライクを通してコントロールする内容であった。

様々なワークの中で、

ミカエルの動きは、とても軽く感じた。

全く準備がない。

その動きは、ストライクでパートナーを

身体的にも精神的にもコントロールする

先月の一連のヴラットセミナーでも

私自身、軽さがとても印象的だった。

軽くなれることで得られるパワー。

今回も、自分自身が軽くなることで

相手を軽く扱える。

入ってきたテンションを抜いてとか

そんな話ではないように感じる。

もっと根本的な捉え方、見え方の話で

自分がどうやって軽くいられるか。

相手をどう軽く扱えるか。

根本的な全体図として、どう軽く捉えられるか。

明日も大きな体の人たちを相手に

自分のテーマとして

それを徹底して取り組んでいきたい。

ちなみに、

こちらの人はとても大柄な人ばかりで

何より手の長さ、リーチの違いに驚き。

ポジショニングの概念も変わる、、、

Vladimir Vasiliv 東京セミナー

2019年 11月 23日-24日

今回のセミナーは、”Edge seminar”でした。

二日間を通して、全てナイフワーク。こんなに長時間し続けたのは良い経験でした。

ナイフを扱う時に、別の動作になるのではなく、リラックスから一つの動きでナイフを扱う姿には、お驚かされました。

ナイフワークを通して、自分の自由を求め続けるために、力みや緊張、思考までもを重く捉えない。物事を軽く捉えることで、自分が軽く動けることを体験から学びました。

決して甘く見るということではなく、軽く捉える。多くの人が、あらゆる場面で、問題を重く捉えすぎ、自分を重くしているように感じます。

人間の本能的な、危険というリアクションを利用すること。ナイフを通して、その感覚から動けることの重要性を感じました。

全てを見る。

ヴラットは、多くのことを同時に見ていました。目から入ってくる情報に制限をかけない。多くの情報を一度に見る。

トレーニング中でも、常にわまりの変化を察知しながら、トレーニングしていました。

システマ東京をはじめ、皆様お世話になりました。

Vladimir Vasiliv 大阪セミナー

2019年11月16日-17日

システママスターである、ヴラディミア・ヴァシリエフ大阪セミナーに参加してきました。

ヴラットがいう、パワーを身体で体感でき、「パワー」この言葉以外に、それ以上説明がいらない。そんな感覚でした。

圧倒的な影響力と、存在感をパワーから感じました。

また、ヴラットの動きはとても軽く、そしてショートでした。セミナーでは、ストライクのワークも多かったですが、リラックスからのパンチは、どんな大振りであっても、その人を怪我させるのではなく、その人自身をコントロールするものでした。

リラックスからのストライクの威力は、とても半端なかったです。

何より、フラットでした。

相手との関係性も、コンタクトも全てがフラットで、そこには無駄な感情が、動きに乗っていませんでした。

システマ大阪をはじめ、皆様お世話になりました。

大西亮一セミナー2019 in呉(3日目)

システマ国内最高峰 大西亮一インストラクター(システマ大阪)による、3日間のセミナーを10/18-20に、広島県呉市で開催致しました。

release limit”

緊張や力みをため込んだまま、何かをするのではなく、それらがリリースされること、自分の制限を解放できることを模索し続けました。

自分を制限しているのは、自分ということを認識することで、自分にとっての自由を得られる。

システマでは、武道や護身という形で、自分自身の制限に気づき解放する取り組みであるからこそ、その人自身のパフォーマンスを高めることに繋がります。

今起こるシチュエーションの捉え方自体を見直すことで、自分の当たり前を見直し、すべての見え方が変わる感覚を学んでいきました。

3日間を通して、多くの方にご参加いただきたいありがどうございました。

また、講師の大西インストラクターにも、この度足を運んでいただき、感謝しかありません。

今後とも、システマ呉の活動をどうぞよろしくお願い致します。