Vladimir Vasiliv 東京セミナー

2019年 11月 23日-24日

今回のセミナーは、”Edge seminar”でした。

二日間を通して、全てナイフワーク。こんなに長時間し続けたのは良い経験でした。

ナイフを扱う時に、別の動作になるのではなく、リラックスから一つの動きでナイフを扱う姿には、お驚かされました。

ナイフワークを通して、自分の自由を求め続けるために、力みや緊張、思考までもを重く捉えない。物事を軽く捉えることで、自分が軽く動けることを体験から学びました。

決して甘く見るということではなく、軽く捉える。多くの人が、あらゆる場面で、問題を重く捉えすぎ、自分を重くしているように感じます。

人間の本能的な、危険というリアクションを利用すること。ナイフを通して、その感覚から動けることの重要性を感じました。

全てを見る。

ヴラットは、多くのことを同時に見ていました。目から入ってくる情報に制限をかけない。多くの情報を一度に見る。

トレーニング中でも、常にわまりの変化を察知しながら、トレーニングしていました。

システマ東京をはじめ、皆様お世話になりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中